講演・口頭発表等

基本情報

氏名 奥村 信幸
氏名(カナ) オクムラ ノブユキ
氏名(英語) Okumura Nobuyuki
所属 社会学部 メディア社会学科
職名 教授

タイトル

『震災後のマスメディア報道 〜何が変わり、何を変えるべきか〜 3・11後の報道各社の制度的・組織的変革について』

講演者

災害と報道研究会 五十嵐浩司(大妻女子大学教授):原発報道に関して研究報告
             林香里(東京大学情報学環教授):研究会の趣旨や目的についての総合プレゼン
             田中淳(東京大学情報学環教授・総合防災情報研究センター長)
              :緊急災害報道について研究報告
             奥村:総合司会
    ラウンドテーブルゲスト 渥美好司(朝日新聞科学部原子力担当・元科学部長・福島総局長)
                今井照(福島大学行政政策学部教授)
                桶田敦(東京放送TBS報道制作局局次長兼解説委員)
                平井美智子(石巻日々新聞社 取締役報道部部長)
                藤代裕之(法政大学社会学部メディア社会学科准教授)

会議名

災害と報道研究会・東京大学総合防災情報研究センターCIDIR共催ラウンドテーブル

開催年月日

2014/10/04

招待の有無

無し(通常論文)

記述言語

 

会議区分

国内会議

会議種別

公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

主催者

災害と報道研究会

開催地

東京大学(本郷キャンパス)

概要

東日本大震災から3年余、新聞やテレビという「マスメディア」では、今後の災害報道にも備えるために、この期間の記者やカメラマンらの個別の経験を、どれだけ集約、分析して「組織としての教訓」としてまとめ、共有しようとしているのか、あるいはそのような姿勢はみられるのかという問題について、研究会メンバーと、在京の報道機関、地方の報道機関、ネットメディア、原発の問題などについての専門家を交えて、中間総括を行った。