講演・口頭発表等

基本情報

氏名 永田 浩三
氏名(カナ) ナガタ コウゾウ
氏名(英語) Nagata Kouzou
所属 社会学部 メディア社会学科
職名 教授

タイトル

基調報告「占領下の被爆地と表現者」およびパネル討論

講演者

永田浩三
大牟田聡
安田浩一

会議名

核のない世界を!2017新聞労連・広島フォーラム

開催年月日

2017/08/05

招待の有無

有り(招待論文)

記述言語

日本語

会議区分

国内会議

会議種別

公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

主催者

新聞労連・中国新聞労働組合

開催地

広島パシフィックホテル

概要

原爆投下からビキニ事件までを、「空白の10年」と呼ぶことがある。しかし、占領軍の検閲下にあっても、大田洋子・原民喜・栗原貞子・正田篠枝・峠三吉といったひとたちは、原爆を伝える作品を世に送り出した。1950年8月6日、広島での平和大会は禁じられたが、広島の若者たちは勇気ある行動に出る。福屋百貨店屋上からのビラまきだ。