研究者情報

基本情報

氏名 小田原 敏
氏名(カナ) オダワラ サトシ
氏名(英語) Odawara Satoshi
所属 社会学部 メディア社会学科
職名 教授

専門分野

  • メディア論、コミュニケーション論

今年度の担当科目

  • 【学部】 卒業論文・卒業制作、メディア社会学専門ゼミ4、メディア社会学専門ゼミ2、メディア社会学方法論ゼミ、メディア社会学実習2、現代社会と人権、デジタル社会論、卒業論文・卒業制作、メディア社会学専門ゼミ3、メディア社会学専門ゼミ1、メディア社会学初年次基礎ゼミ/メディア社会学基礎ゼミ、エレクトリックメディア論/マルチメディア論
  • 【大学院】 社会学特別演習2、社会学研究指導演習2、社会学専門演習B2、メディア研究B2、社会学特別演習1、社会学研究指導演習1、社会学専門演習B1、メディア研究B1

過去の担当科目

  • 【学部】 マルチメディア論、メディア社会学実習(映像制作)、現代マスコミ論(早稲田大)、地域メディア論(関西大)
  • 【学部】 デジタル社会論

メッセージ

  • 大学に入ってすぐにわかるが、同じ「勉強」といっても、高校までの勉強と大学のそれは大きく異なっている。高校までの勉強はいわゆる「基礎的な学力」というもので、この延長で大学を考えると大きく間違うことになる。大学では、実社会の諸問題を頻繁に扱う。そこでは答えは簡単に出ないし、意見が分かれることも普通だ。結論らしきものが出たとしても、条件が変わればそれも変わるかもしれない。  高校までの勉強が不得意でも、大学で扱っていることが好きになるということはよくある。使う頭の部分が違うからだ。より多くの知識も大事だし、記憶しておくのも大切だが、大学で必要とされるものは、ゼロから考える力、簡単ではない方向性を導き出す力だ。高校までの「勉強苦手意識」は捨てて、新しい気持ちで大学での勉学に臨んでほしい。世の中には、解明したらおもしろいだろうと思えるものがごろごろしている。一緒に悩み、考えていこう。

経歴

略歴

  • 上智大学大学院文学研究科新聞学専攻博士後期課程単位取得後退学
  • (財)東京ケーブルビジョン(1985年〜1989年)
  • (財)電気通信政策総合研究所(1990年〜1993年)
  • CNN DayWatch(テレビ朝日)メインキャスター(1992年4月〜1993年9月)
  • 1994年 関西大学総合情報学部助教授(1994年〜2004年3月)

学位

受賞歴

  •  

学会等および社会における主な活動

所属学会

  • 日本マス・コミュニケーション学会

社会的活動

  •  

教育活動


研究活動

競争的資金等の研究課題

  •  

Works

  •  

その他の研究活動上特記すべき事項

  •