研究者情報

基本情報

氏名 角田 俊男
氏名(カナ) ツノダ トシオ
氏名(英語) Tsunoda Toshio
所属 人文学部 英語英米文化学科
職名 教授

専門分野

  • 英語圏の地域文化研究、観光文化論、比較史学

今年度の担当科目

  • 【学部】 観光文化論(英米)2、観光文化ゼミナール2、英語 I [2]、英語英米文化基礎ゼミナール2、卒業論文ゼミナール2、観光文化論(英米)1、観光文化ゼミナール1、英語 I [1]、英語英米文化基礎ゼミナール1、卒業論文ゼミナール2、卒業論文ゼミナール1
  • 【大学院】 英米の文化研究2、欧米文化研究指導演習2、英米の文化専門演習2、欧米文化特別演習2、英米の文化研究1、欧米文化研究指導演習1、英米の文化専門演習1、欧米文化特別演習1

過去の担当科目

  •  

ホームページURL

  •  

メッセージ

  • 「観光文化(英米)」と「英語圏文化」に関する授業では、観光が社会にもたらす文化的影響を考えながら、英語圏の現代文化・社会について広く興味深い風物、制度を紹介していきます。アメリカの交通の発展と国立公園の歴史が国民意識形成にどのように関わったか、またテーマパークとそれをめぐる議論はアメリカ文化をどのように代表しているか、こうした主題は観光が地域文化研究の重要な一部であることを示しています。イギリスのハリー・ポッターやピーターラビットの物語の背景にどんな自然風土と歴史伝統が広がり、またどこにどんな都市があり、そこではどのような食文化や行事・余暇活動を楽しんでいるのかなどを知ることはそれ自体面白いことです。皆さんが今後実際に旅行したりするときに楽しめるよう、授業が何らかの役に立てばと思います。さらに、授業で触れる現代社会の現実諸問題は日本も含めた先進工業国に共通の問題でもあるので、問題意識をもって自分の生活と社会のつながりを考えるきっかけになるように期待します。また同時に英米に関心を集中させるのではなくて、英米文化を理解するためにも、その他の地域にも関心を広げて欲しいと思います。

経歴

略歴

  • 本学の人文学部英語英米文化学科の皆さんと同様に、英語圏地域の文化と社会を広く勉強する学科で、英語、歴史、文学、社会科学などを学びました。ちょうど従来の西欧への見方からの修正が説かれるようになり、その頃が英米文化研究の1つの転換点でもあったように記憶しています。さらに地域文化研究の大学院に進み、他の分野や地域を専攻する方たちの話も聞きながら、主に歴史や思想史を研究しました。その後、経済学部で英語の授業や文化論などを担当した後、現在本学で教えております。

受賞歴

  •  

学会等および社会における主な活動

所属学会

  • イギリス哲学会
  • 社会思想史学会
  • 18世紀学会
  • 日本アイルランド協会

社会的活動

  •  

委員歴

  •  

教育活動

教育活動上特記すべき事項

  •  

研究活動

著書

  •  

論文

講演・口頭発表等

  •  

競争的資金等の研究課題

  •  

Works

  •  

その他の研究活動上特記すべき事項

  •