研究者情報

基本情報

氏名 漆澤 その子
氏名(カナ) ウルシザワ ソノコ
氏名(英語) Urushizawa Sonoko
所属 人文学部 日本・東アジア文化学科
職名 教授

専門分野

  • 日本芸能史、文化史

今年度の担当科目

  • 【学部】 日本芸能史演習2、日本芸能史2、伝統文化実技演習2、日本・東アジア文化基礎ゼミナール2、卒業論文準備ゼミナール2、卒業論文ゼミナール2、日本芸能史演習1、日本芸能史1、伝統文化実技演習1、日本・東アジア文化基礎ゼミナール1、卒業論文準備ゼミナール1、卒業論文ゼミナール1
  • 【大学院】 日本文化研究指導演習2、日本芸能史専門演習2、日本芸能史研究2、日本文化特別演習2、日本文化研究指導演習1、日本芸能史専門演習1、日本芸能史研究1、日本文化特別演習1

過去の担当科目

  • 【学部】 劇場文化論、比較文学3、比較文学演習3

ホームページURL

  •  

メッセージ

  • 元禄期に活躍した作者近松門左衛門は、芸の醍醐味を「虚実皮膜」にあると書き残していると言われています。「虚実皮膜」とは、虚構(ウソ)と現実(本当)との狭間という意味。つまり、ウソなのか本当なのか判然としない境地こそが、芸の醍醐味だというのです。芸が織りなす世界は虚構にすぎません。それでもなお、芸の世界に心惹かれるのは、その虚構の世界に身を置いた時、それを「現実」のものとして受けとめてしまうからです。芸が織りなす世界は、虚構という名の「現実」へと誘ってくれます。こうした情況は、なにも芸能にかぎったことではありません。情報が錯綜するウェブ上の世界に没頭する心境とも、共通しているのではないでしょうか。今も昔も、「虚実皮膜」の境地は人々を虜にするようです。かくいう私も、まだまだ当分この「皮膜」から抜け出せそうにありません。

経歴

略歴

  • 2001年 博士(文学)学位取得(筑波大学)
  • 1999年 同大学院単位取得退学
  • 1999年 筑波大学助手 歴史・人類学系(1999年4月〜2002年3月)
  • 1997年 日本学術振興会特別研究員(DC2)(1997年4月〜1999年3月)
  • 1993年 同卒業

受賞歴

  •  

学会等および社会における主な活動

所属学会

  • 日本演劇学会
  • 日本風俗史学会
  • 藝能史研究会

社会的活動

  •  

教育活動


研究活動

論文

  •  

講演・口頭発表等

  •  

競争的資金等の研究課題

  •  

Works

  •  

その他の研究活動上特記すべき事項

  •