研究者情報

基本情報

氏名 丸橋 珠樹
氏名(カナ) マルハシ タマキ
氏名(英語) Maruhashi Tamaki
所属 基礎教育センター
職名 教授

専門分野

  • 霊長類学

今年度の担当科目

  • 【学部】 生物学ラボワークB、武蔵・環境フィールドワーク、生命の進化、人の進化、動物社会学、人間と環境、人間・環境ゼミナールA、自然科学集中プロジェクトA、生物学ラボワークA、生命の進化、人の進化、保全生物学、人間と環境
  • 【大学院】 .

過去の担当科目

  •  

ホームページURL

  •  

メッセージ

  • 仕事がら世界のサルを調査するため、あちこちに出かけています。アジアでは、インドネシアのスラウェシ島やボルネオ島で、南米ではコロンビア、マカレナ国立公園などで調査を行いました。アフリカでは、ゴリラやチンパンジー、ホホジロマンガべイなどを旧ザイールとコンゴで調査を続けてきました。しかし、今のアフリカは政治社会情勢が混沌としていて、研究が極めて困難です。平和こそが、自然保護の根っこだと痛感しています。 1998年からは、タイ国カオヤイ国立公園でブタオザルの調査を始めました。サルの糞に含まれる種子を、この糞を利用するセンチコガネがさらに二次散布していきます。生物の繋がりをたどりながら、熱帯の森でサルを追いかけています。 5年前からは、タイのなかでもベニガオザルという違う種類のサルの生態と社会の研究を始めました。彼らは、ニホンザルの仲間ですが、ニホンザルとは違う社会行動が数多くみれら興味が尽きません。

経歴

略歴

  • 1996年 武蔵大学人文学部教授 (1996年4月~現在に至る)
  • 1986年 武蔵大学人文学部助教授 (1986年4月から1996年3月)
  • 1984年 名古屋学院大学非常勤講師 (1984年4月~1986年3月)
  • 1982年 日本学術振興会奨励研究員 (1982年7月~1984年3月)
  • 1982年 京都大学理学研究博士課程修了(京都大学理学博士取得)

学位

受賞歴

  •  

学会等および社会における主な活動

所属学会

  • 日本霊長類学会
  • 日本生態学会
  • 国際霊長類学会(IPS)
  • 日本熱帯生態学会
  • 日本アフリカ学会

社会的活動

  • 江古田ミツバチプロジェクト会員

教育活動

教育活動上特記すべき事項

作成した教科書、教材、参考書


研究活動

論文

講演・口頭発表等

競争的資金等の研究課題

その他の研究活動上特記すべき事項

  •