研究者情報

基本情報

氏名 鈴木 唯
氏名(カナ) スズキ ユイ
氏名(英語) Suzuki Yui
所属 経済学部 経済学科
職名 教授

専門分野

  • 開放マクロ経済学、国際金融論、国際貿易論、開発経済学、マクロ経済学

今年度の担当科目

  • 【学部】 Mathematics and Statistics(a)、Mathematics and Statistics(a)、International Economics(a)、Macroeconomics(a)、専門ゼミナール第3部、Macroeconomics(a)、専門ゼミナ-ル第2部、専門ゼミナ-ル第1部、International Economics(a)、経済英語2/経済英語II、専門ゼミナール第3部、経済数学/経済数学Ⅰ、経済数学/経済数学Ⅰ、International Economics(b)、Mathematics and Statistics(b)、専門ゼミナール第3部、Mathematics and Statistics(b)、専門ゼミナ-ル第2部、専門ゼミナ-ル第1部、International Economics(b)、経済英語1/経済英語I、専門ゼミナール第3部、経済英語10、経済英語9、経済英語8
  • 【大学院】 経済理論論文指導Ib、経済理論演習IIb、上級マクロ経済学特殊研究IIb、上級マクロ経済学IIb、経済理論論文指導Ia、経済理論演習IIa、上級マクロ経済学特殊研究IIa、上級マクロ経済学IIa

過去の担当科目

  • 【大学院】 国際金融論、国際貿易論、開発経済学
  • 【学部】 国際金融論、国際貿易論、持続可能な開発経済学、マクロ経済学

メッセージ

  • 皆さんは何のために経済学を学ぶのでしょうか?こんなご時世ですから経済の動きを知ることで就職に有利になるといったことが頭によぎる人も多いことでしょう。しかし学問としての経済学を学ぶことを通じて得るものが「経済の動きに関する知識」だけだとしたら、教員として少々寂しく思います。経済学を学んで得られるもう一つのことは、「論理的な思考力や分析力」を身につけることです。我々は直面する様々な経済現象の一つ一つに対して答えを出し、また全体を理解しようとするわけですが、その際に経済学は現実の背景で働く「原理」を踏まえて論理的に考えるというアプローチを取ります。一見複雑に見える現実でも、いくつかの基本的な原理を理解すればうまく説明できることも珍しくないからです。経済学では、このような原理を経済理論として習った後に、それを応用して現実の様々な現象を理解しようとします。もし経済学を学ぶことが就職に有利に働くのだとしたら、この「論理的な思考力や分析力」が世の中で重宝されるからだと思っています。少し硬い話になりましたが、貴重な大学生活を過ごす中で頭の片隅に置いて頂ければと思います。

経歴

略歴

  • 1996年 東京大学 経済学部経済学科 卒業
  • 1996年 日本輸出入銀行 入行
  • 1999年 国際協力銀行 入行 (日本輸出入銀行と海外経済協力基金の統合に伴う)
  • 2000年 ミシガン大学経済学部 大学院博士課程(Ph.D.プログラム) 入学
  • 2002年 ミシガン大学経済学部 大学院博士課程(Ph.D.プログラム) 休学

学会等および社会における主な活動

所属学会

  • 日本経済学会
  • American Economic Association
  • East Asian Economic Association
  • 日本金融学会
  • 日本国際経済学会

社会的活動

  •  

委員歴

  •  

教育活動

教育活動上特記すべき事項

  •  

作成した教科書、教材、参考書

  •  

研究活動

著書

  •  

競争的資金等の研究課題

  •  

Works

  •  

その他の研究活動上特記すべき事項

  •